肌荒れの原因

肌荒れの原因はいくつかあります。新陳代謝の低下も大きな原因の一つです。ちなみに脂っぽいものや糖分を過剰に摂取すると、血液がドロドロになります。血液がドロドロになると代謝が低下します。代謝が低下すると、腸の働きが鈍くなって便秘になりやすくなります。便秘になると、便によって毒素や老廃物が体外に排出されずに、血液に溶け込んで体内を循環します。その血液に混入した毒素や老廃物が肌に排泄されると、シミになったり、吹き出物になったりするわけです。さらに代謝が悪いとターンオーバーが乱れてしまいます。ターンオーバーが乱れると、古い角質が剥がれ落ちずに肌に沈着し、シミや吹き出物に変化してしまうのです。つまり代謝を良くすることが、美しい肌を作る近道になるわけです。ところで肌荒れを防ぎたいなら、便秘の予防をすることが大切です。便秘にならないためには、血液をサラサラにして、代謝を良くする必要があります。血液をキレイにするには、肉よりも魚や野菜中心の食生活を心掛けた方が良いです。そのほかに肌荒れの原因といえば睡眠不足があります。代謝の低下だけでなく、睡眠不足も順調なターンオーバーを妨げるからです。ターンオーバーは28日周期と言われていますが、順調に進めるには、22時から2時の間、しっかりと眠る必要があります。22時から2時の間は美容のゴールデンタイムだと一般的に言われ、一番ターンオーバーが活発になる時間帯だからです。ちなみにゴールデンタイムに寝ていないと肌荒れの原因になります。